ごあいさつ

こんにちは、代表の柴田眞弓です。


(財)日本美容鍼灸マッサージ協会認定美容鍼灸師

北海道鍼灸マッサージ柔整協同組合組合員

せんねん灸セフルケアサポーター

GHA認定セラピスト

(一社)整動協会会員

  

 

ボディラボ・ふぁんのホームページを見ていただきありがとうございます。

 

私も50歳を超えて、お肌やカラダの変化が気になってきました。おそらく40歳代の方なら、なんとなく若いころとは違うと思いはじめているのではないでしょうか。鍼灸をはじめ東洋医学では「未病」という観点から病気を予防していくという考え方があります。人はだれでも歳を重ねます。でも、カラダのメンテナンスを行うことで、まだまだ年齢に負けないお肌やカラダを維持していけます。

人のカラダは自分で治ろうとするホメオスタシスという機能があります。鍼灸はこの自らが治ろうとする力を引き出す後押しをしてくれる施術です。細胞を活性化させて免疫力をあげる等の効果が期待できることでしょう。

また、私が治療の主軸としている「整動鍼」は、鍼を1本するだけで、すぐに変化を感じることができる新しい技術です。痛みや動きの制御を改善させるまったく新しい考え方です。まだまだ新しいツボが発見され続けています。常に勉強会やセミナーに参加し精進し続けていきたいと思います。

美容鍼灸は、お顔やお肌だけでなく、土台となるカラダのメンテナンスを重視した上田式美容鍼灸®を取り入れています。ヨーロッパやアメリカなど世界的なアーティストたちが美容鍼灸の良さを評価しています。副作用のないヘルスケアとして美容にも鍼灸を評価していただいています。また、東洋医学をベースにしたオイルボディケアは、オールハンドで、手のぬくもり、会話など、リラックスしていただき、目には見えない「氣」を巡らせていただければと思っています。みなさまの専属のプライベートサロンとしてゆったりと楽しい時間を過ごしていただきたいですね。


氣・血・水を整えた美容鍼灸をおススメします


氣:目に見えませんが全身をめぐるエネルギーのようなものです。

氣がめぐらないで滞ることを「氣滞」と言います。エネルギーのようなものが滞るというのは、カラダの機能が低下してしまいます。

 

血:「けつ」と呼びます。氣が変化して物体となり血となります。血は栄養を全身に運びます。カラダが不調なときは、血は滞っていることもありますし、固まっていることもあります。

 

水:津液(しんえき)と呼びます。津液はカラダを潤す役割があります。

 

氣・血・津液、すべてのバランスが整っていることが健康なこと。

栄養のもととなる食事によってこれらは作られ、睡眠時に巡ってくれます。

つまり、すべてのバランスを整えるためには、栄養と良質な睡眠が必要ということです。

バランスを崩した状態で、どんなにお顔をキレイにしようとしても改善されません。美容鍼灸治療で、巡りを良くし、美肌になりましょう。